JRC-Blog

鷹狩り

2013/01/14

2013.1.13 鷹狩り

3連休、なか日の13日。 本日はJFCの皆様と共猟となりました。

場所は千葉県のキジ&コジュケイに定評のある某所からスタートup

朝8時半、現地集合!

正月からの連チャン出猟での疲れが抜け、やる気満々のメンバー達が集まった。

 

さ~朝一、コジュケイフラッ~シュを見せていただきましょsign03

横一線に並び、一同ボサを叩く、叩く、叩く・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

1枚目、2枚目。 

『ここはいつもフラッシュする場所なんだよなぁ・・・。』

しかしながら叩けど叩けど、 シ~~ンsweat02

 

 

『どうやらお留守らしいですな・・・。』

コジュケイは遅めの正月休みにてご旅行中でした(笑)happy02

残念ながら早々に場所移動することにrvcardash

 

そして1年間寝かせたこの場所へ。

昨年もキジのフラッシュthunderに湧いた場所なので期待大。

1枚目の小高い丘のボサ前で横陣を組む。

今日は共猟で人数も多いので、ボサを叩き攻める範囲も広いのだ。

 

ボサを叩き始めると、右翼よりキジの『ドルル~』というすざまじい羽音が鳴る。

そして次から次へとキジがフラッシュthunder

歩けばキジが飛びまさにお祭り状態だthunder

しかし、上手く合わせキジを獲れるかというのは別問題。

粋吹を出した時は、キジを粋吹が追い、キジが高い杉の木に突っ込み

もがいたところにそのまま突っ込めば獲れたかもしれない場面で

左に旋回してしまったとのこと・・・。

 

そして金太郎は出したキジを追いボサに着地したキジをもう1回出し、

そして追尾と、同じキジを2回追って獲ったのかsign02 

惜しいぃ~ と思わせる場面もあったとか。

 

キジをGETするには、なかなか道のりが遠い。

鷹も飼い手ももっともっと頑張らねば~ っと思う毎日です 

 

この場所では20羽近くのキジがフラッシュしたがthunder GETならずで場所移動。

 

お昼を挟んで最後は川にカモ狙いです。

少し広めの川ですが、カモはもちろんキジもウサギもいたりします。

 

対岸近くにはカルガモの群れ。 

飛鳥馬さんのハリスホーク 愛 と 小野村さんのオオタカ 琥珀が見込んでいます。

2羽の鷹を後ろから見てると首をクリクリ。

『おぉ~どっちが早く羽根を割るのか~!』 と後ろから見ていると、

琥珀が羽根を割り、目視できるカルの方向から若干逸れて左の方向へ・・・。

対岸の木が水面までかぶさったその中に隠れガモがいたんですね。

カモだけにカモフラージュをして

 

そこに突っ込み 『獲ったー!!』

こちらからみると琥珀の羽根以外、パタパタとして見える。

 

『獲った~~、早く対岸に回れ~~sign03』 と皆から檄が飛ぶ。

この写真で見ると遥か右側に見えるこの橋を渡り対岸へ回るのだ。

 

人ごとだから言えるけど、自分が走るとなったらどうなのよsmileウフ

走るぅ~走るぅ~♪ 俺た~ち♪ 俺は走らないけど見届けます(笑)

 

走ってる間も琥珀がパタパタしてるのが見える・・・。

ホントに獲ってるみたいだ! さらに『走れ~走れ~』の檄が飛ぶ。

走る小野村さん、ヒーヒー言ってるのが走る姿で分かりますsmile

 

到着寸前、水際にいた琥珀が岸にあがる・・・。

ムムム(@_@;)、獲物はどうしたのか??

 

琥珀さん・・・。

残念ながら獲ってはいませんでした…。

 

しかし、獲ったと誰もが思っていたので本当に残念。

本当に悔しかったのは小野村さん。 復路もご苦労様でしたsmileウヒッ

 

そしてサポートに一緒に対岸へ回ってくださったJFCのメンバーの方、

ありがとうございました!!

 

この日、JRCメンバーがWFC新年会出席のため、

養殖キジを当て早めに終猟としました。

 

 

皆様、大変お疲れ様でした。

JFCの皆様、ありがとうございました。

 

thunder本日のフラッシュ鳥獣thunder

キジ

コガモ

カルガモ

バン

 

shine本日のハンティングホークshine

ハリスホーク  愛

        飛燕

        弥勒

        疾風

オオタカ      琥珀 

        P・可夢偉

        金太郎

        粋吹

 

2013/01/06

2013.1.6 鷹狩り

3日・4日と続き出猟となった6日の日曜日。 

年末年始から続く鷹狩りで疲れも見え始めていますが、

本日も気合いを注入し埼玉方面へ出猟となりましたscissors

 

まず手始めにハリスでのバン攻略。

川上へ登っていくとボサ陰に隠れるカルガモを発見。 

立ったカルガモにみんながハリスを出すと最初に飛燕がカルにかすり 『チッ』

続いて太雅もカルにかすり 『ボスッ』

カルの体に触れた音が皆の心を掻き立てる。 そして『獲った~up 』

と思わせる瞬間に一同大興奮happy02。 

 

そのあとカルを執拗に追いかける太雅ととスーさん。

しょっぱなからの熱い場面に気合いが入る。

川をかなり登ってカモに数回合わせるも惜しい~!と思わせる場面なく、

鷹を持ちかえボサ地帯へ移動となった。

 

ボサ地帯へ移動しファーストインパクト。

少し高くなったボサの縁を叩くとキジがフラッシュthunder

一呼吸おいてオオタカ粋吹を合わすも最初から距離が空き、

諦めて電線にとまり即回収。

 

続いて用水路際の小ボサを叩くといきなりキジがフラッシュthunderする。

飛鳥馬さんがP・可夢偉を出すとキジの後を真っすぐに追尾する。

『え~こんなところにいるのかよ!!』ってとこから飛び出すキジに

狩り場に出たら集中力と緊張感が大事だと再認識させられるsign03

 

そして再度キジがフラッシュthunder 次なるは琥珀がピッタリ追尾する・・・。

しかし笹竹の藪に逃げられ残念ながら獲ることならずでした。

 

 

初戦に次から次へとフラッシュするもそのあとは続かず。

ボサを押せどもキジが出ることはなく、最後の最後ににまたしても用水路際から

キジフラッシュthunder  しかし合わせることできず午前の狩りは終了となりました。

 

定食屋でガッツリ食って午後の狩りに備えます。

しかしみんな食い過ぎたみたい(爆) 午後からの狩り・・・動けるのかな(笑)

 

そしてJRCのジムニーが4台並んでいたので撮ってみました。

 

お昼に入るのも中途半端に遅くなり、近くにボサ地帯がない。

何より連日に及ぶ鷹狩りでの疲れ、明日から仕事、そして食い過ぎて動けない(爆)

・・・協議の結果、近くの川へ移動です。

 

そこで他団体に所属の金子さんと偶然にもお会いすることができ、

鷹談議をすることが出来ましたnote  ありがとうございました!

 

 

最後はさらに違う川へ。

作戦会議でとりあえず上流側を移動し獲物を探すことになる。

川の横を走るとすぐにバン発見! 

車を停止させすぐに準備してる間、バンは対岸の葦下に吸い込まれていった。

 

車で対岸に移動した成田くんが隠れた場所を叩くとバンがフラッシュthunder 

それをハリスホーク 太雅が追いかけさらに対岸へ移動。

隠れるところあらず、岸に駆け上がり葦際に消えたバンをハリスと共に探すも

さっすが忍者バンである。 葦隠れの術にて探し出すこと不可能に陥り断念しました。

 

しかしバンって本当に隠れる能力に長けてますよね!! 

消えたように隠れじっとしてやり過ごすんでしょうけど・・・。 すごいっすflair

 

そして車を置き下流側に移動すると岸の横にじっとしているカルガモが。。。

動かなければカモだけにカモフラージュされて全く分からないのだけど、

それを山崎さんが鋭く発見した。 動かないカモに全員が鷹を向け見込ませる・・・。

が、しかし羽根を割る鷹はいない。 分からないのだ(笑)

 

静寂の中、1羽のオオタカが飛び立ち滑るようにカルに向かうsign03

 

金太郎だ! 

 

ステルス戦闘機のように音を立てずカルガモ目がけて一直線に進んでいく。

 

見ていた次の瞬間、そして誰もがその勝敗を予想していたであろう。

気付いたカルガモが川に逃げようと歩き始めたが、金太郎の鷹爪に捕まっていた。

 

『おお~ 獲った!!』

 

金太郎 カルガモGET!!

 

しかし据え上げるまでに逃げられてはGETとは言えない。

据え上げてこそGETなのだ。  山崎さんが対岸へ走る。

 

そして据え上げ。

 

 

 

山崎さん&金太郎 カルガモGET!!

 

おめでとうございます♪

 

 

明日から仕事始めの方もいますね。

年末から今日まで濃密な鷹狩り・・・。

皆様、お疲れ様でした!! 

そして猟期終了まで約1ヶ月です。

また来週も頑張りましょう!!

 

thunder本日のフラッシュ鳥獣thunder

キジ

コガモ

カルガモ

バン

 

 

 

shine本日のハンティングホークshine

ハリスホーク  愛

        太雅

        飛燕

        朱雀

        弥勒

オオタカ      琥珀 

        P・可夢偉

        金太郎

        粋吹

 

2013/01/04

2013.1.4 鷹狩り

1月4日。 早い人は今日から仕事始めですが、JRCはまたしても鷹狩り(爆)

さ~本日も気合いを入れて行ってみよ~う(笑)

 

上越、東北から上は低気圧の影響もあってsnow大雪。

そしてその影響か、関東地方も寒い寒い。

今日はsunが出ていて昨日より寒くはないが、森の木々が強く風に揺れている。

しかしこの狩場は森に囲まれたボサ地帯なので風の影響はさほどに感じないのだ。

 

まずボサに踏み込んですぐ『ドルルル~』とすざまじい羽音とともに

キジが飛び出した。 飛鳥馬さんがP・可夢偉を合わせると思ったが、

回収困難になることも予想され冷静に出さず・・・。 

ここはウサギが多いのでターゲットをウサギに絞り込む。

 

残念・・・。

ウサパラ爆フラッシュと思われたが、ウサギが出ることあらずボサ移動となる。

少し高めのボサ地帯を、ヒーこら言いながらくぐり抜け、昨日と同じような背の低いボサ地帯が広がった。 

そう言えば昨年もここからウサギがフラッシュthunderしたんだっけ・・・。

ボチボチ歩きながらボサ整列のため、端に移動する管理人。

しかしその前からウサギが突然飛び出した!

 『ウサギ~!!』と叫びつつも出せない。

ウサギのお尻と逃げる方向のボサが動くのを静かに見送ったdown 情けないsweat02sweat02

 

そして気を取り直して進み始めると、またもや管理人の前からフラ~ッシュsweat01

『ドババババ~』 ワンテンポ遅れてキジに粋吹を合わせるも諦めて電線へ。

度重なるチャンスではあったがどうも合わせるのが遅れてしまう・・・。

今度、鷹狩り矯正ギプスで訓練しなくっちゃなsign03(嘘)

 

キジが飛び去った方向のボサを押すメンバー。

かなり高いボサに苦戦しながらもそこを抜けると低い撒きボサが広がった。

『さっきのキジはここに入ったんじゃないの~?』っと言いながらボサを叩くと

 

またしても出た~っ。 

 

そして粋吹を合わせるとなんとか追って行って少しホッとする。

南側のボサを攻めあげ、北側のボサに移動する。

『コジュケイの森』というそうだが、どうしてもチョコボの森を想像してしまう。

こんなとこにチョコボがいたら鷹でも獲れないな・・・。なんて、

しょーもないことを考えた(笑)

 

コジュケイの森というだけあっていきなりファミリーで一気にフラッシュthunder

赤い花火が上がったようなフラッシュに一同大興奮・・・。

先頭にいた飛鳥馬さんがP・可夢偉を合わせるも竹やぶに逃げ込まれてGETならず。

う~ん、残念。 そして逃げ込んだ竹やぶ&森を追跡。

 

山崎さんの前からウサギがフラッシュthunder 昨日に引き続きウサギが良く出る日だsign03

 

ボサを巡る日はこんな過酷な場所を進むこともある。

『おっ!、ウサギか??』 一同の視線が目の前の茶色い物体に注がれる。

デップリしたお尻・・・ タヌキくんでしたbleah

 

ここは昨年、ウサギが飛び出し崖を駆け上がる隙にハリスの愛と朱雀が

果敢にアタックし記憶に強く残る場所。

高低差6、7mあるだろう・・・。 しかも登りにくいボサに加え急勾配だ。

息切らし登り終えるとまたしても広がるボサ地帯。

 

横一線に並び叩いて行く。

『ウサギ~!!』の声に振り返ると、ピョンピョ~~~ンとハネまくるウサギが!

山崎さんの金ちゃんが追うもあまりのデカさの為か、突っ込むのを躊躇した感じで

奥の木にとまってしまった。 しかし崖の下にはウサギが潜んでるかも…。

でも。。。

小さいウサギならともかく、634gの金ちゃんにはデカい相手だと思った。

 

そのあとさらにコジュケイが出るもGETならず。

ここで管理人は午前で帰った為、午後の結果は分からず、

キジ、コジュケイ、ウサギと獲物が濃い午前中の狩りとなりましたflair

 

PM17:35 入電

午後もキジ、コジュケイ、ウサギが大爆発して大興奮の狩りだったそうです!

 

thunder本日のフラッシュ鳥獣thunder

キジ

コジュケイ

ウサギ 

 

shine本日のハンティングホークshine

ハリスホーク 飛燕

オオタカ   琥珀 

        P・可夢偉

        金太郎

        粋吹